読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ARASICK名古屋2日目

コンレポ
二日目覚書行きます。1部と3部のみ参戦です。
いやあ、ほんとに、2部に入れなかったのは残念だったなー。
長いジャニファン人生の中で、
会場に居ながらにして中に入れなかったなんてことはなかったかもしれない。
あんなに寂しいことはなかったね。
ほんとに、中に入れるってことがどれだけ幸せなことかって思い知らされました。
 
 
●「午前中からカーニバルナイト」
カーニバルナイト終わりで大ちゃんのいつもの台詞。
残念ながら大ちゃんがゆってることが聞き取れず、櫻井氏に助けられました。
櫻「午前中からカーニバルナイトて!(笑)」

●昨日何時に寝た?
松「2:30くらい」ずっとテレビを見てたらしく。

相「1:00くらい」ほしのあきちゃん見てたらしく。

二「ゲーム!」デタ。
二「ダビスタやってたらこどもが生まれてさあ!3回公演って名前付けた!」
櫻「勝ったの?」
二「勝てねえの!」

大「11:00…」早っ。
「ラーメンとシーザーサラダ食べたら気持ち悪くなっちゃって…」
メン「ラーメンとシーザーサラダ!?」
松?櫻?「部屋行ったら寝てた」
松?櫻?「カギ閉めてないの?」「お金とか大丈夫?」
大「見てない…後で見とく!」

●一部大宮
宮「相葉さんと…松本さんと…筋肉バカ…ヒドイ」
大宮の準備がまだ出来てないのに勝手に曲行っちゃって
着替えがちゃんと出来なかった。
大「いつもの上の服着れなかった…」「1回着たけど脱いだ…」
「赤なのに黒だもん…」(黒のリストバンドしてる)
宮「ちゃんと、キューが出てからじゃないとダメだよ…」

バズーカは歩いてる途中に出ちゃうしね(笑)

翔くんと相葉くんが謝ってました(笑)

●道で声掛けてきた人の名前が分かんないとき
相「にのはこーゆーのよく覚えてるよね…」
潤くんは「こないだいつ会いましたっけ?」とか言いつつ色々探っていくらしい。

櫻「俺高いテンションで挑む」
実演。対相葉。
相「久しぶりー!」
櫻「…あー!!お久しぶりですー!」

逆バージョン。
相「俺携帯水没しちゃったんですよ…番号入れて下さいっ…名前も!」
と言って携帯を渡す。
櫻「いや…使い方分かんないし…」
相「俺これよく使う」
よく使うんかい。

大「これいちばんいい方法!」
対二宮。
大「誰でしたっけ?名前なんでしたっけ」ダイレクトに名前を聞く。
でも教えてくれない二宮。
二「え?またまたー!」
大「教えてくださいよ!」
二「斉藤だよー」
大「あっそうだ!斉藤さん!」
二「ちげーよ吉田だろ?」
相手が悪いね大ちゃん。

●10:00
櫻「正直10:00って!って思った人ー?」
会場パラパラ挙手。笑う櫻井氏(笑)
二「しょうがないよ当たっちゃったんだから。来るしかないよ」

●硫黄島VTR
松「アカデミー賞取りそうな音楽だよね」
二「クリントが作ったんだよ?」

VTR最後、謙さんが歩いてるところは本当の硫黄島らしい。
地雷とかが危ないから本当に最少人数で行ったらしい。
謙さんと監督とカメラマン3人。
櫻「謙さん死ぬ覚悟ってこと?」

二「会見はピーナツの話しないと映らないだろうなって思って」

●いつの時代の人になりたい?
櫻「ベンジョンソン!」
相「ドーピングの?」

相「福沢諭吉がいい!福沢諭吉嫌いな人いないでしょ?」
櫻「俺相葉くんが福沢諭吉ってやだ…」
ほんと嫌そう(笑)
櫻「俺福沢諭吉のお墓参り行ってたんだもん」
「お墓参り?どこにあるの?」
櫻「麻布十番…」
松「それは学校の遠足かなんか?」
櫻「自由参加…」

潤くんは1970年代に行ってみたいらしい。
松「昨日スマステーション見てたら松田優作さんの特集やっててさ」
櫻「松本くん昨日結構テレビ見てたんだね(笑)」
松「テレビっ子だから☆」
松「その頃ってすごかったって聞くじゃん、俺ら知らないからさー」

●名古屋は伝説が生まれる
二「名古屋は伝説が生まれるイメージなの」
二「大宮のデビューも名古屋だからね」

Touch me Nowの次が大宮だったらしく、当時「回」の字のリフターで、
翔くんが消えたら大宮が居る、みたいな構成。
二宮がやる翔くんの真似が激ウケ!(笑)白目向いてるし(笑)
気に入ったのか何回もやってくれました(笑)

その大宮デビュー公演は最悪だったと。客ドン引きだったと。
大「前のお客さんに寄ったりしたら逃げられた」

曲終わってハケて即、
大「もうやめよ…もうやめよ…」
とにのにつぶやいたらしい(笑)

その次の2回目の公演から客が優しかった。
客に気を使わせてしまったと(笑)
松「最初は風当たりきつかったよね(笑)」

●カエルの夢を見た翔くん
櫻「マッチョなカエルが追っかけてくんの!」
櫻「カエルの姿煮食べたからだろうな…」
二「食ったの俺だけどね」

●二「硫黄島と鉄コンどっちのVTR見たい?」
二「みんなが鉄コンって言っても硫黄島が流れるんだけどね。大人の事情ってやつ」

●加瀬くんってどんな人?
二「熱いよね!31くらいなんだよね!」
櫻「熱い!」

にのはアメリカで現地の人に「加瀬さん変わりましたよね…」って言われたらしい。
話してみるとその人のとんでもない勘違いが発覚。即加瀬くんにチクりに行く。
二「加瀬くん"加勢大周"だと思われてるよって言ったら加瀬くん、"どいつ!それどいつ!"って(笑)」
激ギレ加瀬くん(笑)

●3部大宮。
曲中いきなり流れ出す秘密のイントロ。え!まじ!(*´Д`*)
指さしフリ最高ーーーーーーーーーーっ(*´Д`*)(*´Д`*)(*´Д`*)(*´Д`*)

「新技です」と言ってまた卵とく音。
ズボンを下げ過ぎの宮。そしてドラちゃんパンツ。
宮が卵といてたら何個も何個も卵投入大ちん(笑)
大「2個目でーす。3個目でーす」ちゃんと割る音もやってくれる。
宮「何個やっても同じだよ!」
大「次違う色の卵だったのにー。うずらもあるのにー」
完璧に演技に入り切ってる大ちん(笑)うずらもやってみるけど同じ。
大ちんもやってみるけど同じ(笑)上手く出来なくてやめー。

櫻「長い!」
相「長い!うずらのくだりとかいらない!」
いるよ。

●モテ女になって言ってみたい台詞
モテ女相葉。対櫻井告白。
相「友達でいよ?」

モテ女櫻井。対相葉。
ちゅー待ち顔翔くん。
櫻「待ってみたいの」

モテ女松本。対大ちん(多分)
2ショットの間に後ろに座ってるにのが映りこんで3ショットになっちゃう(笑)
指摘されて移動するも、後ろにお面を見つけて遊ぶ。
お面がふたりの間に映りこまないか遊んでみるけど全然3ショットにしてくれない。
終いにはお面投げるけど上手く飛ばず崩れるにの。
その一部始終をAちんとずーーっと見てたから肝心の2人のコント知りません(笑)
多分断る系。「モテ女って断るイメージあるよね」とかなんとかゆってた気が。

モテ女二宮。対大ちん。
二「今日は弟が来るから」
二「よくあるよね。弟とか親とか」

大トリ。モテ女大ちん。対二宮。
もう格好からしてモテ女。目なんてウルウルしてるし(*´Д`*)すっごいキモ可愛い。
二「最近仕事がキツいんですよ。やめちゃおうかなーって」
モテ女になりきって色っぽく聞いてる大ちん。
二「俺と一緒に会社やりませんか?」
…。大ちんがにのの耳元に寄る。
大「…だぁーめっ」
笑い崩れる二宮。
嵐「ちょーうめー!」

●オバケ
とんでもないことがあったと言い出す末っ子。
このふたりが?え!また「ちゅーしちゃった☆」話?もーう!と期待する客(多分)
二「みんな絶対ひくもん。絶対ひかない?」
もうちゅーくらいでひかないよ。早く言ってよちゅー話!とニヤニヤ待つ客(多分)

二「あのね、オバケが出たの」
違うんかい!_l ̄l○

二「あんなとこにいて警備員さんに怒られないのかなーって思ってたらラッキーマンのときはもういなかったの」
松「ラッキーマンってことだね!」
うまい!

キャラメルのときもイヤモニから女の人の声が聞こえる。
前の回のその体験が怖くてこの回でキャラメル始まってすぐイヤモニ外した翔くん(笑)
すっごい可愛い(*´Д`*)
櫻「そしたら踊ってるとき邪魔で(笑)」

自分たちの声しか返ってこないはずのイヤモニ。
二「もしかしたらファンの子がこのマイクと同じ周波のマイク持ち込んでるんじゃない?」
二「ダメだよーマイク持ち込んじゃ」

この回のきっと大丈夫直前にも聞こえちゃった翔くん。
誰かに伝えたかったのに曲始まっちゃってなんでもないフリしてラップへ(笑)
その再現が面白かった(笑)2回くらいやってた(笑)

松「俺は何も出来ません。ごめんなさいって言う」
可愛い(*´Д`*)

●声優大先輩風間ぽん
二「俺と誕生日一緒の風間ぽんね」
「いつも、"おめでとう ありがとう"ってメールがくるの」
「いっつも返さないんだけどねっ☆」

●3部の客はぶちあがってる
二「最後だからじゃない?最後だから、頑張ろうっみたいな」
言い方が乙女(*´Д`*)

●アメリカで何してたの?
二「ドラクエドラクエの4と5」
櫻「日本と同じじゃん(笑)」
二「ホテルの前に劇場みたいなのがあって、そこで飲んだくれてる人たちが煩いの。寝れない」
二「アメリカは今の仕事から12時間あけないと次の仕事できないの。休むのも仕事だ、みたいな」

●カラオケで嵐の歌歌う?
「曲って勝手に入れられてるよね」みんな歌ってって言われたら歌うらしい。
櫻「俺のラップのとことかどうすんの?」
相「ナナナで」

二宮氏。マイクを受け取り歌いそうな雰囲気を出して前に行きつつコードを抜く。
2回くらい実演してた(笑)



てか。あたしの覚書って二宮多いよね?
これはただ単に二宮が面白い話をたくさんしてるだけってことだよね?
それとも…?

色んな意味でごめんなさい。