読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2014/11/11小学館デビクロ試写会御堂会館

普段の試写会はせいぜい開場時間に間に合うように行く程度だが

今回はプレミアが外れるというまさかの事態で、この試写会が初見。

どうしても特等席で見たくて

昼前くらいに「様子を見に行こうかな~」っていう軽い気持ちで到着。

(※10:30)←

 

普段は大行列の最後尾を探して列に並ぶ訳だが

今日は先頭を目指して会館の中に。

すると先頭の方々がレジャーシートを敷いてまさかの不在w

中には座ってる方々もいるけど、ほぼ不在w

そんなんありなんですかwww

幸運にもレジャーシートは持ってきてたから急いでそれを敷き自分の場所を確保。

こんな早くから並ぶ予定じゃなかったから食料などは用意しておらず

みなさん不在なのをいいことに早速レジャーシートを放置してトイレやコンビニに。

みんなの真似して自分もどこかに出かければいいんだろうが

ひとりだし、こんなこと初めてだし、なにかあっては困ると心配性を発揮して

そのまま現地に居座り、周りの様子を拝見していたわけだが。

 

いかんせん層が違い過ぎてキョドる。自分の親以上の年齢の方々多すぎる。

ちょっと待ってもしかして私場所間違えてる!?

スマホに映る今日の日付と当選ハガキの日付と場所を何度も確認。

だって恋愛映画。30overの人が初主演だけどどうせ中学生向け恋愛映画。←まだ見てない

なんでこんなに層が高いんだろう…。

でもその人たちも自分と同じ当選ハガキを持ってるし

場所は間違えてない、やっぱりココであってる、ってちょっと安心して。

 

イヤホン越しに聞こえる会話とか目に飛び込んでくる光景から判断するに

この人たちは試写会おたく。どの世界にもおたくがいるもんだなぁ…。

試写会の世界にも、誘ったり誘われたりの同行業務とか情報交換。

本当に映画が好きらしく、戦争映画は嫌い、好き、だとか

昔の映画のタイトルだってサッと思い出すし、ハリウッド俳優だって勿論知ってる。

自分の家にいる年寄とは大違いだなぁ、人生楽しんでるなぁ、って感心した。

 

私のいくつか前のレジャーシートは朝からずっと不在らしく、

そのおばさんたちが不服そうだった。ルール違反らしい。確かにな。

多分嵐ファンだろうなあ、って思ってた私はなんかちょっと複雑で。

(結局開場前にやっと戻ってきた2人組は試写会おたくおばさんから

きついお叱りを受けていた。「そうなんですか…」と恐縮するしかないふたり。

関西のおばさんには誰もかなうまい← しかも正論だしね)

そのおばさんたちが言うには、

シートを敷いて場所を確保し不在にすること自体はいいらしく、

でも複数いるなら代表者が残るとか、一緒に行っても長時間不在にしないとか、

食事に行くなら周りの方にその旨を伝えるとか。そういうルールらしい。

朝敷いて開場前に帰ってくるのが許されるんなら私もそうするわ!と言っていたw

 

もひとつ試写会おたくの方々からの情報。

私は開場時間までに同行者が揃ってないとアウトだと思ってたんだが

試写会の主催者によっていろいろらしい。

例えば、代表者が先に席を取り、同行者を入り口で待つパターンや、

到着してない同行者の名前を入り口で記入し、自分は中に入れるパターン、

最悪の場合、早くから並んでいても同行者がいないと席を取れない場合もあるとか。

非常に勉強になる~

 

17時過ぎに交換の方が到着し、初会いの挨拶やらお話してたら友達が到着し、

18時開場の予定なのに17:50に開くというまさかの事態に驚愕しつつ入場。

早めに開くこともあるんだね~これじゃギリに到着が更に不安になる~

 

今日はしやがれの収録がある日だから相葉くんが来ないのはほぼ確実。

みんな席を取り合うことなく、ちょっと前方、スクリーンの真ん中を確保し着席。

試写会おたくの方々は後ろめの通路側を確保していた。

 

特に司会の方が来ていることもなく、

おそらく劇場の人だろうなっていう人のアナウンスがあり、上映開始。

無事に初見を果たした私も試写会おたくの方々の感想が気になった笑

 

心斎橋方面に向かって歩き、前に行ったmgでパンケーキを食べて解散。

交換してくださる方もすごくいい方で安心したし素敵な出会いに感謝。

これも相葉くんのおかげだ♡